Profile

日本航空勤務を経てスウェーデンへ留学、
テキスタイルデザイン・織物・染色などを学ぶ。
1979年帰国後
フリーデザイナーとしてTV,ラジオ、婦人雑誌、
新聞、広告、舞台衣装、インテリア等を手がける。
エッセー集、作品集を多数出版
スウェーデンでの個展を含め作品を発表している。

1994年よりUNESCOプロジェクト・世界10年
『Arts in Hospital』の会員に登録し、
スウェーデンチームの援助のもとベルリン、オスロ、
ウィーン、フランス、スウェーデン各国際会議に出席。

千葉県鴨川市・亀田総合病院にて日本で初めての
アート・イン・ホスピタルプロジェクトを導入すると共に
この基本的考えに基ずき独自の空間環境アートを各施設で
行っている。
例)病院、クリニック、各医療施設、庭園、ホテル、
ショップ、青少年センター、スポーツセンターなど
医療に関わる道具としてのアート制作,建築設計デザインや
空間環境デザインの新しい取り組みも行っている。

企画提案
・ 医療施設等の新築/改装 建築設計デザイン
・医療フォーラム、医療セミナー等企画

アートデザイン制作
・テキスタイルワーク、木工、粘土などさまざまな素材を使用し、
その空間環境に合わせたアート制作
・壁画、天井、ステンドグラス
・アート看板サイン、医療空間における必要なオリジナル製品の企画制作
・ポスター、パンフレット、小冊子等のデザイン

アートセラピー

ストレスや鬱そうとした気持ちで寄りどころを失いそうな、失った方々のために、
アートを用いての心のケア—を行っています。

現在までにセラピをお受け頂いた方々:がん患者さん、介護疲れ、育児ノイローゼ、
パニック障害、職場でのストレスなどに重荷を感じられた主婦、OL、教師、医療従事者の方々


織物,クラフトスクール

絵織物を初め、個性を重んじる独自のレッスン方法で、さまざまなクラフト等を含め
各自個展を開催できるまでの教育とプロとしての作家を目指すためのレッスンを行っています。
(現在は満員のため募集はしておりません。)

Yvonne+k Health Garden 庭園療法

この庭園療法はアート・イン・ホスピタルの精神に基づいています。
創立者であるスウェーデン作業療法士、イヴォンヌ・ウエスタベリーは
スウェーデン厚生省が最も認める庭園療法士でもあります。
自然は人生の価値あるものを呼び戻す力を持ち、
人が季節のリズムに従うことを簡単にし、
日常のリズムを作り出すことをも教えてくれます。
人間に与えられた五感を楽しみながら、自然の中で豊かな感性を取り戻し、
支えることを提唱しています。
私は日本人初めての弟子としてこの療法を日本人の環境に合わせながら受け継いでまいります。

◯自分を 思いやりとやさしさの中で気づくこと
◯自身の自信と信念を作ること
◯人との、自然とのコミュニケーションを知ること
◯心と体のバランスを取り戻すこと
◯人間の自己治癒力を活性化すること
◯やさしい時間を取り戻すこと・・・・・・・・・・・自然との関わりの中で。

*研修会に参加ご希望の方は下記項目にお答えいただき、メイルにてご連絡ください。

お名前 住所 Tel & Fax
性別 ご年齢 ご職業
詳しくご連絡させていただきます。   

Sweden 北欧スウェーデン「共生社会」へのチャレンジ

格差や差別、障害を超えてすべての人々が同じ可能性をもって
共に生きる社会をつくる試みのことです。
企業と社会、人と環境が共生し豊かな精神と安定が必要である
共生社会にスカンジナビアの国々は取り組んでいます。
そんなスウェーデンの国は
素朴で、水と緑地の豊かな自然に溢れています。
自然と共に、その知恵を学びながら生きることと
共生することをも教えてくれる国です。
Yvonneの庭園療法は、自分自身と生きることへの
共生さえ教えてくれます。